『人生選択の自由化』への備忘録

個々人の価値観に沿って、人生の中で「どこに時間を傾けるのか」がもっと多様化する社会を目指すためのログ

正規雇用がなくなり、個人ワーカーが台頭する近い将来の働き方

jp.techcrunch.com

結局は自分の人生を何に使うか。を個人がしっかりプラン立てした上でそのあとの選択肢が多様になってきたと思う。

そして、それはこれからどんどん進むだろう。

規模と個別最適ができるようになってきた今、世界規模で自己実現の最適化を考える良いチャンスなんだと思う。

フリーランスからチームランスへ。

ノマドワーカー』『フリーランサー

 

少し前に市場を賑わせたワードですよね。

肌感覚ですが、明らかにフリーランサーと呼ばれる人は増えました。

それはクラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスやスカイプなどの動画通話サービスの発達があったからでしょう。

逆に、あまり目立たなくもなりました。

あのころ、一種のブームになったものは多少普通になったということです。

 

そして、今後はチームでまるでギルドのようにプロジェクト型で働くことがブームとしてやってきたようです。

beinspiredglobal.com

 

そして、サービスという意味でもチームランサー達に空いている場所をオフィスとして利用してもらうという意味でこんなサービスも出てきています。

チームのための共有経済が伸びていく。あらゆる場所が価値創造の場となる近未来 | Social Design News

 

個人的にココが加速すると、よりフリーランスになりやすい環境になるなと思っています。チームで成果を残せるというのは個人でそこまで戦えなくても、チームなら価値あることが提供できるという点でフリーランスを増加させる要因になるということです。

 

そして、それは自分自身の得意や好きなことを持ちよりまるでパズルのようにチームを組むという点で個々人の自己実現の最適化が行われやすい環境になると予想しています。

確かに現在も勇気と度胸さえあれば、得意なことや好きなことで食べていける選択肢としては存在しています。ただ、多くの場合そこには様々な障害があるでしょう。

 

例えば、先に挙げた個人ですべては出来ないからこそ仕事に出来ないという点です。

そして、それを補うものこそがチームランスです。

 

今後も注目のトレンドであることは間違いないです。

デジタルもアンケートも『マーケティング戦略』の一部です。

元々、マーケティングリサーチの会社にいました。

リサーチの中でも比較的戦略系の提案をする部署にいたので、企業戦略や部署戦略・商品戦略全体からリサーチを考えることが多かったです。

そのころ、基本的にはアンケートリサーチが中心でした。

 

そういう状況で常に感じていたのがいろんなマーケティング手法のほとんどが

『マーケティング戦略』の一部であること。

digiday.jp

この記事の中にあるようなアンケートとデジタルログデータを紐づけして分析することが現在の仕事として多いのですが、結局どれかだけではダメなんだろうなと日々感じています。

 

それはなぜか。

それはこの記事に記載されているように目的があり、目的を達成するための最適な資源配分という戦略があると考えるとおのずと見えてくることです。

 

ただ、この部分が意識されないことが多いのも実情。

目的や戦略のないリサーチはアンケートでも、ログでも、ビックデータでも解決できません。

この多様化する時代だからこそ今後のマーケティング業界。特に、リサーチ会社はログ・ビックデータ・アンケートリサーチをどのように組み合わせて、分析して結果を出すかが非常に大事になってくると思います。

時間、年齢、性別。あらゆる制約に縛られない働き方が日本に必要?

logmi.jp

ようは、ひとりひとりの労働生産性を高める必要性が書かれています。

女性も、高齢者も、地方も、都内も、障害の有無も。

すべての制約を越えて自分のやりたいことを仕事に出来る社会。

 

今後の日本のためにも必要です。

でも、僕自身が最も大事だと思っているのは人間ひとりひとりが自分のライフプランの中で顔の見えない空気感や組織、団体に左右されず、主体的に活躍できる社会。

そのためのインフラを整えることだと思います。

だって、その方がみんなハッピーじゃない?

「個人」を重視するためのビジネスデータ分析

thebridge.jp

アンケートリサーチに身を置いていた一人として、これからのデータコラボがいかに大事かを痛感している。

 

現在はアンケートリサーチ、WEBのログデータ、POSデータ、ソーシャルデータ、リアルに転がっているデータとそれぞれ個別の分析がされることが圧倒的に多い。よくても2つだ。

つまり、WEBのログデータとアンケートリサーチみたいな感じ。

 

でも、これだけ消費者の嗜好が多様で個別的になった今。

それぞれのデータを統合して分析し、それをサービスのPDCAサイクル上にいかに乗せていくかは非常に大事になる。

 

逆にそれが出来るようになれば個人の背景を重視した個別最適なサービス提供が可能になる可能性が高い。

その上で、実施していく上で大事なことは

1.各データを一括で分析するツールの開発

2.統合されたデータから不要なもの、必要なものを選り分けてデータ分析ができる人材

3.各データをいかに個人と結びつけるか

4.分析結果をいち早く共有した上で、具体的なサービス改善に活かせるか

の4つだろうと思う。

そして、実は2が最も難しくてかつ必ず必要なことだろう。

ただ、これが実現すれば個人が欲しいものが個人の欲しいタイミングで提供されることも夢ではないと思う。

エンジニアは今すぐにでもリモートワークを実践できる。そんなサービス。

エンジニアの働き方と親和性の高いリモートワーク。

こんなサービスも出てきました。

www.codeal.work

 

素晴らしいですねー。

こうやってサービスやプラットフォームができることでより加速していくと思うのでこういうものが出たのは大きいですね。

まだまだ今は企業経営者次第でリモートワークの可能性が確かめられているだけなので、インフラ化するのはどんどんこういうものが出来てくるとイイのかなと。

『リモートワーク』は働き方を変えるか。

ネット環境とPCと自分の身体・頭脳でどこにいても生きていける。

そんな話はわりと前からささやかれていたと思う。

けど、最近かなりそれがリアルになってきた。

要因としては、個人クラウドの発達や通信速度の向上。そして、インフラともいうべきクラウドアウトソーシングサービスの普及などがあります。

 

そういう意味でこんなサービスは面白いですね。

www.remoteyear.com

月額27万円で、世界を旅しながら働くことのできる環境をワントップで提供しています。支援されるのはwifi環境と拠点、それから交通手段の手配です。

 

ただ、やっぱり大事なことは

【あくまで自分のライフプランを実現するための手段】がリモートワークであることを忘れないことだと思います。

それにしても、場所に縛られすぎずに自由に仕事が出来る環境が整うとよく多様なライフプランが生まれそうですよね。

僕はその仕組みがあることで創り出される多様性に面白味があるように思います。