読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『人生選択の自由化』への備忘録

個々人の価値観に沿って、人生の中で「どこに時間を傾けるのか」がもっと多様化する社会を目指すためのログ

ライダー向けゲストハウス『BASE8823』開始!空き家利活用で何を目指すか。

こんにちは。

一般社団法人ワノクニでは主な事業として、空き家利活用事業があります。

ワノクニが家守的な立場で地域の空き家を持主から賃貸した上でそこに移住希望者に住んでもらったり、事業主さんにお貸しするというのがこの事業です。

 

その第一弾として、株式会社トリクミがライダー向けのゲストハウス『BASE8823』をやっていただけることになりました。

株式会社トリクミとは『実践とクリエイティブを通して誇れる田舎の未来をつくる』というビジョンのもと、鳥取県八頭町の隼地域を中心に事業をされています。

TORIKUMI - 株式会社トリクミ | CREATIVE AND ACTION

カフェHOME8823経営されている方々で、地元出身の同級生が自分たちの地元を盛り上げるために2014年頃から活動されています。

BASE8823立ち上げに向けて、クラウドファンディングにも挑戦中です。

ぜひご支援よろしくお願い致します。

faavo.jp

トリクミの方々の想いなどが記事にもなっているのでご一読ください。

マチノコト » 古民家をリノベして隼地域に集まるライダーたちが滞在できるゲストハウスをーー鳥取のまちづくり会社トリクミの新たなチャレンジ

 

さて、今回はワノクニという立場として空き家利活用によって目指すところのお話です。なぜ自分たちで出店したりするのではなく、家守としての空き家利活用なのかを説明したいと思います。

「空き家」それ単体では価値はありません。そんな資源の種がゴロゴロ。

現在、地域にはたくさんの空き家が出てきています。

鳥取県八頭町も同じです。それは単に誰も利用していないままでは価値がありません。

しかし、昨今「リノベーション」が流行っているように誰かが住んだり、事業主さんが店舗へと変えるなど何か付加価値をつけてあげるとそれだけで味があり、昔ながらの価値ある資源へと変わるのです。

そして、そんな資源の種が田舎にはゴロゴロとたくさん存在しています。

逆にいえば、あまりにゴロゴロとたくさんありすぎて一事業体だけでは利活用が進みません。

利活用が進まないのは、情報開示不足と地域とのつながり

そんな資源が転がってるならみんなどんどん使えばええやないかとなります。

が、

課題はむしろ情報開示が進まないこと。そして、持主さんがどこの誰ともわからない人に貸したがらないことが大きいです。

だからこそ地域の人とある程度面識のある代表がいる一般社団法人であり、行政とも仕事のやり取りをしているワノクニが仲介に入ることで、資源の可視化と利用したい人とのコネクトをしていこうと考えたのです。

そういった意味では、今回のトリクミさんは例外的なところもあります。

トリクミの皆さんも地域の方々との繋がりは強いと思いますので、どちらかといえば第一弾としてお互い一緒に挑戦してみようという意味合いが強いです。

それはさておき、ワノクニとしてはそういった資源を利活用することで「挑戦の場」を作っていきたいと考えています。

つまり、ワノクニとしての空き家利活用事業とは移住をするにしても、プロジェクト単位で地域に関わるにしても、何か事業を始めるにしてもその資源として利活用していただくことで人が挑戦できる場を作っていくことだと考えています。

空き家が新たな価値を持つことで地域にインパクトを生み出す

もともとは誰も利用せずにそこに存在していた空き家。

それを上述したように人が住んだり、事業が始まったりすることによって新たな価値創出の場へと変わっていきます。そうすることで、ゆくゆくは地域にとっても良い効果が生み出されていきます。

そういった意味で将来的な目標としてはワノクニが家守的な立場として様々な人の挑戦の場を生み出すことによって地域に新たな価値を創出していきたいと考えています。

グーグルが突きとめた!社員の「生産性」を高める唯一の方法はこうだ!だそうです。

gendai.ismedia.jp

データ分析、モデルづくりに圧倒的な強みをもつGoogle先生

そんなGoogle先生が突き止めた生産性を高める方法。

結論からすれば、

社員一人ひとりが会社で本来の自分を曝け出すことができること、そして、それを受け入れるための「心理的安全性」、つまり他者への心遣いや共感、理解力を醸成することが、間接的にではあるが、チームの生産性を高めることにつながる。

(記事より引用)

 

唯一かは別にして、この心理的安全性というのは考えてみれば当然である。

そもそも、なぜチームで働くのだろうか?

ひとつは、個人では届かない範囲・出来ないことを補い合うためである。

もうひとつは、三人寄れば文殊の知恵である。

このどちらの観点においても、【あなたの本来の姿がどこからどこまでなのか】をハッキリさせることは非常に重要であることは間違いない。

補うためには、その人が得意な分野と不得意な分野・興味範囲や嗜好性をしっかりと捉えなくてはいけない。そして、文殊の知恵を生み出すためには発言したら否定される環境では確実に力を発揮しないのである。

 

つまり、本来の自分を曝け出すことによって得意な分野と不得意な分野を互いに把握するためには受け入れる姿勢・否定せずに共感する形での心理的安全性を担保する必要性があるということだろう。

 

今後さらにIT化・ロボット化によって人間本来の役割とは何かを考える上でこのニュアンス的な何かや雰囲気的な定性情報をいかに定義して数値化するかは非常に大事だと思う。

実はそのニュアンス的な何かや雰囲気的な定性情報こそが人間が能力を発揮する上で大事な部分であり、ロボットにはしばらく理解できない領域でもあるからだ。

組織や個人の『暗黙知』こそが働き方変革を阻害する原因

個人事業主となって、そろそろ1年が経ちます。

 

「働き方」という観点からこれまでの自分自身を振り返ると、

1.スタートアップ:数ヶ月前に立ち上がったばかりの組織。少人数で働き方自由。基本拠点はコワーキングオフィス。

2.一般企業:定時があり、オフィスがあり、大企業との取引もある社員600名くらいの会社。末端の新卒。

3.スタートアップ:店舗運営型のビジネスモデル。定時あり、店舗にベタ付きしながら事務作業・本部作業も行う。

4.個人事業主:東京と鳥取の二拠点居住。基本的に定時なし、オフィスなし。リモートワークを中心としてskype会議やメールベースのコミュニケーション多用。

とまぁ、こんな感じ。

そう考えると、今まで定時帰りはなかったものの(笑)それ以外のほとんどの働き方は経験したとも言えます。そして、大企業からスタートアップ、そして個人事業主や小さな制作・企画会社、行政やNPO法人といったたいていの組織ともやり取りを経験しています。

そんな中で、組織や個人の『暗黙知』的なノウハウや文化・慣習こそが今後の働き方変革にとって非常にやっかいであるということを悶々と感じています。

 

例えば、スタートアップでいうと基本的には少人数なのでメンバー同士の相性やチームワーク、個人の意欲によってパフォーマンスが大きく変わります。だからこそ、一般企業では考えられないくらい仕事に対する価値観共有や現状共有もマメであることが多いように思います。リスクに関する考え方は「リスクは取る」のが普通です。

 

次に、一般企業では制度が充実し、ある程度の指示に関しては守ることが当たり前です。業務の中で指示が出た部分に関してはちゃんとやるのが普通だからこそ仕事に対する価値観共有などが少なくとも会社全体が歯車のようにちゃんと回り、パフォーマンスを発揮します。リスクに関する考え方としては出来るだけ避ける方が無難です。

 

最後に、個人事業主では誰かに報告・相談・連絡するみたいなことがほとんどありません。結果、プロジェクト単位になった際にメンバー同士もある程度は干渉し合わない状況がほとんどです。なので、タスク管理ツールを入れてもそもそも更新されないみたいな状況が起きます。リスクに関する考え方としては、大きなリスクは取りませんが小さなリスクを分散的に管理します。

 

さて、上記3つの働き方がそれぞれ長かった人が一緒に仕事をすると何が起きるでしょうか?おそらく、スタートアップ出身者のことを一般企業出身者や個人事業主出身者はアツくて、何でも話したがるやつと思うかもしれません。また、一般企業出身者はタスク管理や連絡が個人事業主出身者から滞ってることに腹を立てるかもしれません。逆に、スタートアップ出身者は他二人のことを仕事を本気でやる気あるの?と思うかもしれません。

 

これまで、色々な段階において『新しい働き方』はブームになりました。

直近でいえば、ノマドワーカーです。

もちろん、今でも同じように働いている人はいるかもしれません。それでも、全体の働き方に影響を与えたかといえばそんなことはないでしょう。

現在、ランサーズやクラウドワークスによって主婦や副業を行う人が増えています。

今後本当の意味で働き方変革によってリモートワークやパラレルキャリアという場所や組織に囚われない働き方や個人がしっかりと自分のライフスタイルに合わせた働き方を選択する際に、上記のような組織や個人の『暗黙知』的なノウハウや文化・慣習が障壁となる可能性が高いでしょう。

逆にいえば、こういった部分を越えるための正しいチームビルディング方法もしくは取引先とも良好な関係を築ける方法が今後の働き方を変えることにつながるのかなと思います。

 

もちろん大きなインフラ整備やツールも大事だと思います。

ただ、リアルな話このへんの言葉にできない暗黙知こそが働き方変革を阻害する大きな要因のひとつであり、一番やっかいな要因なのかもしれません。

「好きなようにする」ことは、タフで厳しい→それでも好きにやろう。

『ストーリーとしての競争戦略』でおなじみの楠木教授。

今度は「好きなようにしてください」なる本を出したそうな。

www.dhbr.net

 

ここで言及されているように「好きなようにすること」は非常にタフなこと。

自分の決定には自分で責任持たないといけないし、

誰も保証はしてくれないし、

そもそも自分で決めるために自分の進む道や価値観を深く考えなくちゃいけないし、

それが出来るだけのスキルが必要だし、、、

 

でもね、それでも好きなようにした方が良いと思う。だって、

自分の人生だし、

結局は最終的な責任は自分でしか取れないわけだし、

1回しか基本的には用意されてないんだし、

自分で責任を持てるということは自分で決めることが出来るわだし、、、

 

あと、ここでもうひとつ大事だなと思った視点は

自分以外の誰かのためになってこその仕事です。人に貢献できないこと、対価が支払われないことをいくらやっても、それは仕事ではない。」(本文引用)

自分が好きなことをしようという個別感と上記のような全体感。

この間にこそ、真の仕事があると思います。自分が取り組むべき仕事が。

この2つの視点を持って、キャリア形成ができると絶対的に困らないと思うし。

好きなことしながら楽しんで仕事していけるんだろうなと。

【記事】「人生の生涯収入はキャリアの最初の10年で決まる」ということが判明

gigazine.net

↑こんな記事を見つけました。

これは比較的納得感のある話です。

その上で、もう少し思考を進めてみたいと思います。

 

まず、なぜそのような開きが出るのか。その理由を考えてみます。

1.年収の高い職場は求められることも高い

ある種、上記の理由が一番なのかなと思います。給料が高いということは求められる仕事のレベルも高い。必死になるうちに自分も驚くほど成長してる。

成長することでさらに高い給料の仕事へと移っていけるといった構造です。

 

2.そもそも会社バリューの高い仕事である。

もうひとつは特に日本などにおいては会社のネームバリューも大事です。

逆にこれさえあればどんどん上がっていける可能性だってあります。

 

3.そもそもその人の能力値が高い。

会社に入るまでの経験や学んだことなどのレベルが高いからこそ給料の高い仕事ができるのではないかというものです。

 

2は日本特有のところもあるかもしれません。本来的にはやはり能力や価値ある仕事をできるからこそ給料も高くなるというのが自然なカタチじゃないかな。

そういう意味でいうと、1といった部分が大きいと考えられます。

 

で、逆に自分たち個人に還元して考えると下記2つのことが言えると思います。

1.なら、就職前にいかに能力値を引き上げるかを考えるべき

新卒から高い給料、高いレベルの仕事を求められる環境に身をおくためにはここが一つ重要なポイントです。

そして、それを成すためには早くからいかに社会に触れるかが大事なのかなと思います。バイトでもただただ金のために働くのではなく、社会という虚像を考えながらバイトに従事してみたいり、もっと言えば一回起業してみるのもイイかもしれません。

早くに社会に触れ、考えるということは社会に慣れるということです。一括採用や横並び採用の中で自分だけ社会に慣れるという意味では頭ひとつ抜きんでるということに繋がり、結果高いレベルの仕事につけるようになります。

 

2.とはいえ、同じ会社の中でも成長率を比べる必要あるよね。

先ほどの記事はあくまで上位●●%の方々という括りでした。そこに企業いかんは考慮されていません。そして、図を見てもわかるように上位数%以外の部分は平たんが続いていて、最後急激に変化しています。

なんだか結局は努力を続けた人が成長するんだろうと思わされます。

とはいえ、最初の就職先の年収というよりは10年の間に築いたスキルや地位がその後の年収に影響を与えるということはこの調査からはっきりしています。

自分も頑張らねばと思いました。

鳥取スタートラボ(とりラボ)を終えて。どんな意味があったのかを再考する。

先日、1月31日にこの1年間企画・運営を行ってきた「鳥取スタートラボ(とりラボ)」の最終プレゼン発表会が終わった。

 

少し経緯を説明すると、とりラボとは鳥取県で若者人材誘致事業という事業に運営委託という形で関わらせていただいたものです。

内容としては、都内在住で地方への移住を考えている人とか地域活性に興味あるなという人を集めて鳥取へ移住すると仮定したら、または鳥取に関わるとしたら何を仕事にするかどのような生活をしたいかという生業(なりわい)を約6ヶ月間をかけて考え抜くプログラムです。

ちなみに、公式Facebookページはこちら↓

https://www.facebook.com/torilabo2015/

 

さて、全過程が終わったので再度、とりラボの意味を考えてみました。

 

1.「考え抜く」ことの大切さ

人間、普段通りに生活していると【今後どのように生きていきたいのか】【何に時間を使いたいのか】などを考える瞬間って少ないと思うんですよね。

もっと言うと、本当に時間を使って「考え抜く」ってことはほとんどの人がしてないと思います。とりラボは6ヶ月もかけて生業を考えることもあり、そして最終の発表があることもあって皆さん苦しみながらも「考え抜く」時間を作れたのかなと思います。

立ち止まって、半分強制的にでも「考え抜く」時間をつくることは非常に大事だなと思いました。

f:id:ktnsus:20160203110600j:plain

 

2.物理的移住以上の新しい移住のカタチ

日本全体で人口減少が起こっています。今後も続くでしょう。

そんな時にある特定の地域への移住が劇的に伸びるとは考えにくい。ただ、今回とりラボで感じたのは物理的移住のみが大事ではないというもの。

本気で鳥取をイメージして、どう関わるべきかどのような仕事をするべきかなどを考え、答えのない中で苦しい時間を過ごしたことによって参加者にとって【鳥取】はもはや「どこかの地域」ではなくなったんじゃないかと思う。

これは流行り風にいうところの「地域のファンを増やす」とは根本的に違う。

良い面も悪い面も含めて、「記憶に残る」といった印象だろう。

f:id:ktnsus:20160203110614j:plain

3.ただの定住者と何か仕掛ける移住者のどちらがインパクトがあるか。

これはとりラボの意味というよりは、単純な問いかけでもある。

移住促進を語る際に、定住・定住・定住みたいなことがある。

ただただ、その地域に住んで定住してくれるということで何が変わるのだろうか。

もちろん、税収は伸びるけどね?

定住でなくとも、自分で課題を認識してそこに対してアクションを起こせる人材。

とりラボをやっていて、実際には定住いかんに関係なくそういった人材をいかに巻き込めるかが今後の地域にとって大事なのではないかと考えさせられた。

f:id:ktnsus:20160203111408j:plain

さて、色々と振り返りましたが全体を通してやっぱり人が情熱を持って挑戦している姿は素晴らしいなーって感じた次第です笑

現実を直視せよ!社会はそうそう変わらない。

最近は東京でも地方創生ブームみたいなものを感じる。

テレビでは芸能人が田舎に移住して地域おこし協力隊したり、雑誌を開けば「今の若者は地方移住でやりたいライフスタイルを追求する」みたいな見出し。

 

人材の多様性は叫ばれて久しい。

ここ最近は、学歴じゃないよね。多様性に対応しなくちゃね。

なんて世間では言われていて、「これからの働き方」的なビジネス書も出るわ出るわ。

 

そんな時にこの2つの記事を立て続けに見た。

www.asahi.com

www.huffingtonpost.jp

 

地域活性みたいな文脈の中で活動することが多いこともあって、そこらへんの方々も含めて自戒だなーって思った。

昨年は唯一東京が流入増!

そして、小学生の78%が「いい大学を卒業すると幸せになれる」と思っているのである。しかも、9年前に比べてこう答えた小学生は増えてるなんて。

 

大事なことは浮かれず、虎視眈々とやるべきことを積み重ねていくこと。

そして、現実を認識した上でどうするかを組み立てることである。

と本当に実感した次第。