『人生選択の自由化』への備忘録

個々人の価値観に沿って、人生の中で「どこに時間を傾けるのか」がもっと多様化する社会を目指すためのログ

現実を直視せよ!社会はそうそう変わらない。

最近は東京でも地方創生ブームみたいなものを感じる。

テレビでは芸能人が田舎に移住して地域おこし協力隊したり、雑誌を開けば「今の若者は地方移住でやりたいライフスタイルを追求する」みたいな見出し。

 

人材の多様性は叫ばれて久しい。

ここ最近は、学歴じゃないよね。多様性に対応しなくちゃね。

なんて世間では言われていて、「これからの働き方」的なビジネス書も出るわ出るわ。

 

そんな時にこの2つの記事を立て続けに見た。

www.asahi.com

www.huffingtonpost.jp

 

地域活性みたいな文脈の中で活動することが多いこともあって、そこらへんの方々も含めて自戒だなーって思った。

昨年は唯一東京が流入増!

そして、小学生の78%が「いい大学を卒業すると幸せになれる」と思っているのである。しかも、9年前に比べてこう答えた小学生は増えてるなんて。

 

大事なことは浮かれず、虎視眈々とやるべきことを積み重ねていくこと。

そして、現実を認識した上でどうするかを組み立てることである。

と本当に実感した次第。