『人生選択の自由化』への備忘録

個々人の価値観に沿って、人生の中で「どこに時間を傾けるのか」がもっと多様化する社会を目指すためのログ

フリーランスからチームランスへ。

ノマドワーカー』『フリーランサー

 

少し前に市場を賑わせたワードですよね。

肌感覚ですが、明らかにフリーランサーと呼ばれる人は増えました。

それはクラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスやスカイプなどの動画通話サービスの発達があったからでしょう。

逆に、あまり目立たなくもなりました。

あのころ、一種のブームになったものは多少普通になったということです。

 

そして、今後はチームでまるでギルドのようにプロジェクト型で働くことがブームとしてやってきたようです。

beinspiredglobal.com

 

そして、サービスという意味でもチームランサー達に空いている場所をオフィスとして利用してもらうという意味でこんなサービスも出てきています。

チームのための共有経済が伸びていく。あらゆる場所が価値創造の場となる近未来 | Social Design News

 

個人的にココが加速すると、よりフリーランスになりやすい環境になるなと思っています。チームで成果を残せるというのは個人でそこまで戦えなくても、チームなら価値あることが提供できるという点でフリーランスを増加させる要因になるということです。

 

そして、それは自分自身の得意や好きなことを持ちよりまるでパズルのようにチームを組むという点で個々人の自己実現の最適化が行われやすい環境になると予想しています。

確かに現在も勇気と度胸さえあれば、得意なことや好きなことで食べていける選択肢としては存在しています。ただ、多くの場合そこには様々な障害があるでしょう。

 

例えば、先に挙げた個人ですべては出来ないからこそ仕事に出来ないという点です。

そして、それを補うものこそがチームランスです。

 

今後も注目のトレンドであることは間違いないです。