『人生選択の自由化』への備忘録

個々人の価値観に沿って、人生の中で「どこに時間を傾けるのか」がもっと多様化する社会を目指すためのログ

「個人」を重視するためのビジネスデータ分析

thebridge.jp

アンケートリサーチに身を置いていた一人として、これからのデータコラボがいかに大事かを痛感している。

 

現在はアンケートリサーチ、WEBのログデータ、POSデータ、ソーシャルデータ、リアルに転がっているデータとそれぞれ個別の分析がされることが圧倒的に多い。よくても2つだ。

つまり、WEBのログデータとアンケートリサーチみたいな感じ。

 

でも、これだけ消費者の嗜好が多様で個別的になった今。

それぞれのデータを統合して分析し、それをサービスのPDCAサイクル上にいかに乗せていくかは非常に大事になる。

 

逆にそれが出来るようになれば個人の背景を重視した個別最適なサービス提供が可能になる可能性が高い。

その上で、実施していく上で大事なことは

1.各データを一括で分析するツールの開発

2.統合されたデータから不要なもの、必要なものを選り分けてデータ分析ができる人材

3.各データをいかに個人と結びつけるか

4.分析結果をいち早く共有した上で、具体的なサービス改善に活かせるか

の4つだろうと思う。

そして、実は2が最も難しくてかつ必ず必要なことだろう。

ただ、これが実現すれば個人が欲しいものが個人の欲しいタイミングで提供されることも夢ではないと思う。